2010年10月30日

業界研究と企業研究 その1

前回に予告した業界を企業を調べることの大切さについて今回は触れよう。

就活初期の段階でキミたちに言いたいのは、
社会のこと、まだ何も知らないよね?
ってことだ。

社会に出て、何年も経っているオトナたちだって、社会の全貌など知り得ない。
企業社会についてでだってそうだ。
僕ら、キミたちにアドバイスする側だって、全貌を把握は出来ていない。
けどそこは僕らもプロとしてやっているので、大まかにそれぞれの業界の特徴を掴んではいるし、代表的な企業であれば社風も掴んでいる。

世の中に(日本だけでも)160万の会社があると言われている。
業界だって、どんな分け方をするかによるが、業界地図本を読めば50〜100の業界に分けて解説している。

学生のキミたちが知っている企業といえば、コンビニやスーパーにある商品を提供している会社やCMを流している会社。
せいぜい50〜100社程度だ。

新聞を丁寧に読んでいたり、株式投資に興味を持っている学生であれば、その数は一気に数百に上るだろうが、そういう学生はごくごく一部。

どこのキャリアセンターのスタッフも、キャリアカウンセラーも、共通して口にするのはBtoCではなくBtoBの企業に目を向けよう、ということ。

とにかく世の中にはたくさんの業界があり、企業がある。

もちろん前回書いたように、自己理解がある程度出来ていないと、自分がどんな環境に身を置くのがよいかわからないから、職種も業界も企業も絞り込むことはできないが、まずは、世の中にどんな職種があり、業界があり、企業があるのか、大まかで良いから把握しようよ、っていうのが第一歩だ。

この話はまだまだ続きがありますが、今回はここまで。

********************************************************
今日のひとこと
(企業)社会についてわかっちゃいないってことを自覚しよう。
知らないんだったら、食わず嫌いせず、少しでも興味を持って
知ることにチャレンジしてみよう。
********************************************************
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
posted by Taka at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動のヒント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41542587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック