2011年07月11日

アルバイトに見る内定者の行動パターン その3

その2からのつづき

その1に記したが、名刺の獲得目標は300枚。
その数字に最もこだわっていたのが、呼び込み部隊でもあるアルバイトの2人。
彼らが来場者に声をかけてくれることで、名刺交換のチャンスが生まれる。
そこを十分に理解して、どうやったら300枚に達することが出来るのか、ゴールに対する執着は、人一倍持っていた。

声のかけ方も、日々進化していた。
どのように声をかければ来場者の方々は立ち止まってくれるか。
どんな人が、我々のブースに興味を持ってくれそうか。
都度ふりかえりながら、行動に反映していたこと。

さらに彼らの凄いところは、繋いでくれた後の、僕らスタッフの営業トークを、呼び込みをしながらもしっかり盗み聞き、それを自分たちのトークに採り入れていたこと。
P⇒D⇒C⇒Aのサイクルをしっかり回している。

僕らのブースに関わった、そして立ち寄った知人たちが口にしていたこと。
「彼ら学生なの!?学生には見えないくらい話も態度もしっかりしている。」
「早々に内定取るのわかる。あんなタイプだったらどこの企業だって欲しがるよ。」
と多くのお褒めの言葉を頂き、推挙した僕もとても嬉しかったと共に、彼らから多くのことを学んだ。
DSCF0629.jpg

********************************************************
今日のひとこと
ゴールへの執着。P⇒D⇒C⇒Aをしっかり回す。
そして失敗を糧にふりかえり、行動を変化させる。
だから、最後には期待を超える結果を得られる。
********************************************************
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
posted by Taka at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アルバイトに見る内定者の行動パターン その2

その1からのつづき。

6日(水)の初日。
今まで、人事もしくは組織戦略に関わる者として、お客としては毎年のように行っていたこの展示会だが、出展側になるのは全員初めて。
なので、アルバイトの学生2名に対して上手く指示が出せていたのかどうかはわからない。
FW側のディレクターとして取り仕切ってくれたIさんも、推測を交えながらの指示。

周りには、我々の何倍もの人員を投入して、さらに無料で本を配ったり、ノベルティグッズがあったりという中で、我々はそういうものをほとんど用意していない中での戦い。

そんな中でも2人は、上手くこちら側の意図を察してくれて、立ちまわってくれた。

呼び込みがメインの仕事だから、ある意味キャッチセールスに近い。
無視されるのが当然の仕事。
けど、2人とも全く物怖じせず通りかかる来場者にさわやかに明るく声をかける。
そして、しつこくないけどあきらめない。
相手が全く興味を示さなければそれまでだが、少しでも興味を示そうものなら確実にスタッフに繋ごうとする。
周りの競合の同じく学生の呼び込みたちは全然積極的じゃないのに比べて、FWの2人は明らかに際立っていた。
DSCF0616.jpg
スタッフに繋ぐ際も、足を止めてくれた人が何を求めてこのイベントに来たのかや、どこに興味を示して立ち止まってくれたのかを、適切に一言添えてくれるという気の利き方。
言わなくても、お客様とスタッフが何を期待しているかを推し量る力にみんな助けられた。

その3につづく
********************************************************
今日のひとこと
物怖じしない、あきらめない。
そして、周りが何を期待しているかを察する。
ビジネスに限らず全ての基本。
********************************************************
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
posted by Taka at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アルバイトに見る内定者の行動パターン その1

先週、6日(水)から8日(金)まで、僕が企業向けの仕事をしているFeelWorksという会社は、人事・組織戦略系の一大イベントであるHuman Capital2011という日経主催の展示会に参加した。

DSCF0586.jpg

このイベントに出展するにあたって、学生のアルバイトが必要ということになり、M大学で早々に内定をゲットした中でも、これはというMくんとFさんの2人にピンポイントでお願いした。2人とも快諾してくれて、3日間本当によく手伝ってくれた。

今回、お願いしたアルバイトの内容は、展示会という場での呼び込み。
会社としての名刺獲得目標は300枚。
ただ、出展しているだけでは来場者は足を止めてくれない。
競合がひしめく中、まだ認知度の低いFeelworksという会社、そしてこの会社が大事にしている“想い”や“メッセージ”、そして商品・サービスに興味を持ってもらうのが、出展した目的だ。

2人はまだ学生だから、このイベント自体に馴染みが無い。人事や組織に関するビジネス用語も知らない。
しかし、来場する方は企業の人事や管理職を中心とした百戦錬磨の方々。
そんな人をどう呼びとめてくれるかが、2人にかかっていた。

2人に狙いを定めて声をかけたのには訳がある。
まずは、出展を決めたのが春の段階で、早々に就活を終えている人の中から探したこと。
次に、呼び込みという仕事柄、明るく人当たりが良くて物怖じしないタイプ。
主にこの観点から、ワークスアプリケーションズとオプトという、今となっては大手だけれどもベンチャー気質の高い会社に内定を頂いた2名にお願いすることになった。
その2につづく。


********************************************************
今日のひとこと
企業とは何か?業を企てるとはどういうことか?
元々は「この指とまれ」で集まった人たちということ。
こんな“想い”があって、こんな商品・サービスを提供したい。
そこに人が集まる。これが原点。
********************************************************

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
posted by Taka at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記