2011年04月04日

就職活動、目算狂う

今朝(4/4)の日経本誌朝刊 働く面に、震災で就職活動が大きく混乱していること、また採用人員の下振れや見直しが行われる可能性が出ていることが特集として扱われていたね。

参考: 先日の朝日新聞でも同様の記事が掲載されていた。
http://www.asahi.com/job/syuukatu/2012/news/OSK201103260011.html
http://www.asahi.com/job/syuukatu/2012/news/OSK201103290008.html

以前も記したとおり、また直接接している学生には伝えているが、今回の震災が日本経済に与える影響は計り知れない。
特にキミたちから見て就活(企業から見れば新卒採用)には大きな影響を及ぼす。
直接被害があった製造業や流通業などはわかりやすい一例。
しかし、今はネットワーク社会。企業がチェーンで繋がりあっているような感じ。
そのチェーンの色々なところが分断されてしまったのが今回の震災。
一時的な特需はあるだろうが、長期的に見ればマイナスの方が遥かに大きく、採用よりも復旧に手一杯なのが多くの企業。
もちろん、震災の影響を大きく受けていない企業は採用活動を地震があった直後から再開させていたし、予定を変更していない企業も多い。(東北エリアに直接関わっていないエリア限定の商圏でビジネスを行っている(地銀、信金など)とか、サービス業とか)

現在就活を行っている新4年生(修士2年生)の、今年の就活は長期化する。
記事内にもあるように、教育実習始め、実習科目と時期が重なっている学生は「どうしよう」と青ざめているが、そこは適宜対応していくしかない。
ただでさえ厳しい就活戦線がさらに厳しさを増す様相だが、準備をしてきた学生にとっては大きな差は無い。そのまま頑張ってほしい。
ただ、長期化する以上、メンタル面でいかに適度な緊張感を維持するか(張り詰めすぎず、気を緩ませず)、そして金銭的にどう長期化する中でやりくりするかが、キミたちにとっては現実的な悩みとなるだろう。

********************************************************
今日のひとこと
今年の就活は長期化が必至。いかに安定したメンタル面を維持し
続けるか、金銭的な負担をどう凌ぐか、今から覚悟をしておこう
********************************************************
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村


2011年04月01日

入社、進学、おめでとうございます

震災の影響で、今年は様々な式典が中止、延期または簡略化されたりなど、多くの影響が出ているが、それでも月日は過ぎていく。
今日は4月1日。

本日より社会人になった方、入社おめでとうございます。
進学された方、入学おめでとうございます。

日本が落ち着きを取り戻し、復興するまでにはまだまだ時間がかかる。
そんな中で新たな一歩を踏み出すキミたちは不安もあるだろうが、今こそ、社会で求められているのは、キミたちの若い力。

卒業生から多くのメールや便りを頂いた。
皆、不安もあるが、期待のほうが大きいことがわかってホッとした。

大丈夫。
キミたちなら出来る。たとえ壁にぶつかったとしても、逃げなければ、時間はかかるかもしれないが必ず乗り越えられる。

これからの日本、そして世界を作っていくのはキミたち。

堂々と新たな一歩を踏み出してくれたことを嬉しく思うし、誇りに思っているよ。


********************************************************
今日のひとこと
一歩一歩前へ着実に踏み出せば、成長という軌跡ができる。
********************************************************
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
タグ:入社 進学 祝辞
posted by Taka at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記