2010年03月31日

景気低迷下 大卒採用に動く

今日(3/31)の日経新聞朝刊 新興・中小企業面より

左下の小さい枠「みちしるべ」欄に、福岡の株式会社リョーワ( http://www.e-ryowa.com/ )の田中社長が、「2011年春入社が大卒を採る最後のチャンス」とコメントした記事が載っていた。

そう、キミたちがほとんど知らない優良中小企業は、今みたいなご時世こそが採用のチャンス。

以前も記したけど、この10年卒でいうならば、中小企業の求人倍率は3.6倍exclamation

問題は、お互いに出会う術を知らないってことなんだよねもうやだ〜(悲しい顔)

このように記事にでれば、まだ認知度は上がる
メディアもなかなか掲載しないような優良中小企業に出会うにはどうしたらよいか?

定番は、学校への求人票を丹念に見ることひらめき
あとは、ハローワークなど公共の職業紹介の場を使う。
もし、メディア(新聞、雑誌、Webなど)で気になる企業を見かけたら、興味をもって検索してみる。
などからスタートしよう。

もちろん、まだまだやり方はあるけど、まずはここから。
優良中小企業との出会い方は、また後日採り上げるね。

********************************************************
今日のひとこと
学校に届いている求人票は、優良中小企業の宝庫!
丹念に見てみよう!

********************************************************
posted by Taka at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社探しのヒント

戦う相手は外国人!?

昨日(正確には一昨日。3/29付)の日経新聞朝刊 働く面では
『現地採用社員 国境超え異動も 味の素 人材活用へ新制度』の見出し記事があった。

「味の素は7月、海外で採用した現地社員が現地法人の枠を超えて異動、昇進できる人事制度を導入する。」
ということで、将来のグローバル人事が本格化することを示唆する記事が載っていた。

もちろん、これは就活そのものの話じゃなくて入ってからの話だよ。

けどね、グローバル企業では当たり前といえば当たり前の話。
これからキミたちの何割がグローバル企業に就職するかわからないけど、
経済のグローバル化とIT化はもう止められない。
ニュースを細かく見ているとわかるけど、日本企業もどんどん外国企業に資本参加したり、買収したりしているのと同様、日本企業も、外国企業からどんどん資本参加されたり、買収されたりしているんだよ。

…ってことは、いつ社内の公用語が英語や中国語になるかもしれないし、外国人が上司になる可能性もゼロとはいえない。

現に、日産じゃルノーが筆頭株主になってから上記のようになったし、ソニーは外国人を社長に抜擢した。

そして今日(正確には昨日。3/30付)の日経新聞朝刊のマーケット総合2面に掲載された【大機・小機】では、
人材の開国が遅れている日本の現状と共に、外資の「日本素通り」や日本撤退の現実を指摘しつつ、以前、僕がオススメ企業として紹介した日本電産の永守社長の言葉
「期待は裏切られた。生き残るためにはやむを得ない。堂々と日本から出て行く
という発言を引用している。

→僕個人としては、人材の開国については、どちらかというと慎重派。だけれども、もはやビジネスの観点からすると、防ぎきれないというのが実態じゃないかな、とも思っている。

これから10年・20年・30年後、日本はどんな国になっているんだろうグッド(上向き矢印)

SFの世界じゃないけど、未来の世界、未来の社会、未来の日本を想像しながら、どんな企業を選ぶのが良いのか、どんな能力を身につけるのが良いのかを考えてみようひらめき

********************************************************
今日のひとこと
経済の更なるグローバル化は避けられない。
同時に人材のグローバル化も避けられない。

********************************************************
posted by Taka at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアを考える

ちょいと久しぶりの更新

出来る限り毎日更新しようと思いながら、先週後半から今週にかけてあまりにも忙しく(というかPCの前にいる時間が無く)、ちょっと間隔を空けてしまいました。

この6日間の出来事。
新入学生向けのオリエンテーション的な研修を2日間缶詰めで、某大学で。
大学の新入学生…といっても、まだまだ気分は高校生。
ちょっと生意気な奴もいたけど、みんな純粋で、楽しい研修だったよ。みんなありがとね。

普段、3年生以上と接している時間が多いから、新入学生と比較すると、ホントに2年でこれだけ成長するんだなぁ…と実感するねわーい(嬉しい顔)

そして土日は就活本企画の詰め。
果たしてどうなるかはまだ全くわからないけど、就職活動をテーマにした本の執筆を企画中。その企画の詰めとプレゼンの予行演習を先輩方と共に。
色々な方々と出会うことが出来、また数多くの貴重なフィードバックをもらえて、とても有意義な週末でした。


そして某理系大学でのキャリア支援2日間。
春休み中とあって激しく忙しいわけではなかったけど、今朝は事故に巻き込まれ、移動に想定以上の時間がかかり泣きそうになったよ。
リクエストとしては面接の練習が多かったな。

みんな、就活が始まって、それなりにしゃべれるようにはなっているとはいえ、突っ込まれるとまだまだ弱い。
共通したのは、みんな自己PRの内容が“自分が思っている自分”のみで構成していること。
エピソードが大事、ってことでエピソードありきになってしまいがち。そして表現が表面的。


ESを読んでも、話を聞いても、どうもキミという人物が見えてこない。マニュアル本を真似して作ったというのが見え見え。
頑張って、キミらしさ、がある自己PRを作って欲しい。

→自分らしい自己PRの作り方がわからない?
じゃ、それは、近日中に書くことにしよう。

********************************************************
今日のひとこと
キミ“らしさ”が見える自己PRづくりを!
********************************************************



posted by Taka at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月25日

学生人気ランキングではわからない「本当に働きたい企業」大図鑑

すごいタイトルだよね〜わーい(嬉しい顔)

先日、オヤジが好む夕刊紙としてフジとゲンダイを採り上げたけど、今回はこれまたオヤジが好む雑誌の定番である、「週刊ポスト」2010/4/2号(現在発売中のもの)から。

キミたちがこの手の雑誌を立ち読みするのはちょっと気が引けると思うので、もしお父さんが読んでたら貸してもらおう(笑)。

さて肝心な内容はというと、これが面白い。
まさに僕がこのブログでやっているようなことを記事にしている。

今回の比較は
就職人気ランキング(文系男女、毎日コミュニケーションズ調べ
→元ネタは
http://job.mynavi.jp/conts/saponet/enq_gakusei/ranking/2010rank/index.html

年収1000万超の人が「大学生に勧める企業」ランキング(ビズリーチ調べ)
→元ネタは
http://www.bizreach.jp/biz/download/CompanyRanking20100119.pdf

ちょっと面白そうだと思わない?
これが解説されている。

ビズリーチの南壮一郎社長が今回の記事に寄せたコメントとして
「学生はどうしてもCMや身近な商品などの知名度で就職先を選ぶ傾向がある。しかし、年収1000万円超のビジネスマンたちは、自らの経験も踏まえ、様々な視点で就職先を判断する。鍵になるのは若手の積極登用やグローバル展開、キャリアアップ教育などに力を入れているか、福利厚生などにも独自の制度を設け、ライフケアも行っているかなどです。(以下略)」

どうだろう。僕が常々キミたちに伝えたいことを見事に代弁してくれているグッド(上向き矢印)

ぜひ、この記事はキミたちに読んでもらいたいな。
まだ店頭でも売っているし、学校の図書館には無いかもしれないけど、地域の図書館だったら置いてあると思う。

参考にしてみてexclamation
********************************************************
今日のひとこと
企業探しの見るべきポイント
「若手登用」「グローバル展開」「キャリアアップ教育」「ライフケア」
By ビズリーチ 南壮一郎代表取締役
********************************************************
posted by Taka at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社探しのヒント

11年春新卒採用 前年並みと25%減

ちょっと更新のタイミングが遅くなってしまったけど、
今日(正確には昨日)の日経新聞朝刊から。

経済2面には、
『三井住友銀行 来年春の採用25%減 新卒750人「3メガ」では1割減に』
という見出しで
三井住友銀行の来週採用予定数が今春に比べて約25%減の約750人とする方針を決めた記事。
内訳は、総合職は約600人と前年並みを維持。それに対して事務や窓口を担当する「ビジネスキャリア職(一般職に相当)」は約6割減の約150人に抑える、とのこと。

企業3面では、
『11年春新卒採用 東芝、前年並み 1290人に』の見出しで
「東芝は23日、2011年春の新卒採用数を国内の連結で1290人とする計画を発表した」とのリード文。
「内訳は大卒技術系が前年比10人減の910人。同事務系が30人減の230人。高専・高卒中心の技能系は30人増の150人。」とのこと。

第1面に『景気「改善」6割超す』の大見出しが踊った今日の朝刊だったけど、採用に反映されるにはもう少し時間がかかりそうだね。

けど、そんなことは今就活をやっているキミたちには関係ない。
後悔のない就活をやっていくだけだexclamation

********************************************************
今日のひとこと
準備が万全で縁があれば内定は獲れる。目の前の就活に集中しよう!
********************************************************

2010年03月23日

就活学生に薦めたい人気より経営力で選んだ20社

さて、前々回のエントリーで薦めた?日刊ゲンダイでは、こんな記事が掲載されていた。
『就活学生に薦めたい人気より経営力で選んだ20社』
http://gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=45009

ここではシステムコンサルティング会社メディネットグローバルの西野嘉之社長の
「企業選びをする上で、希望する会社の経営状態を把握しておくことが欠かせません。売上高は会社の稼ぐ力であり、純利益は儲ける力。そして営業キャッシュフロー(CF)は、本業でしっかり稼いでいる上に、会社にきちんとお金が入っているかを示す指標です。これら3つのポイントは押さえておきたい」
を元に
「東証1部上場企業約1700社の有価証券報告書(2010年2月末までに提出済み)から、過去3期にわたって売上高、純利益、営業CFがいずれも前年比で増加している、いわゆる“右肩上がり”の「三冠王」企業を抽出した。」と記されている。

さらに、18日には、
『「満足度」ディズニーに迫る会社
「ECカレント」ってどんな会社?』
という見出しで、
http://news.livedoor.com/article/detail/4671500/

ゲンダイが元ネタとして、こんなニュースが配信されていた。
これはサービス産業の中での満足度調査で、上位20社を掲載したもの。
ここに掲載されている企業の多くは、就活では注目されなくても、これだけお客様からの支持をえている(らしい)ということは、注目に値しないかなexclamation&question

こういう考え方もある、ということで企業選びの参考にしてみようわーい(嬉しい顔)

********************************************************
今日のひとこと
会社選びの一つの見方 「決め手は売上高・純利益・営業CF
(by 西野嘉之氏)
********************************************************
posted by Taka at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社探しのヒント

新聞を読もう! その4 日経4紙

キミたちは日経新聞の兄弟紙である、
「日経産業新聞」や「日経MJ」、「日経金融新聞」って読んだことがある?

まぁ、さすがに自分でお金払って購読している人はほとんどいないと思うけど、もし自宅で親が購読しているんだったら、たまには借りてみよう。
学校の図書館やキャリアセンターでも大概置いてあるから、行ったときは立ち寄って眺めてみてはどうかな?

日本産業新聞は産業・企業情報に特化。日経新聞から、政治・文化・スポーツなどを除いたビジネス専門紙のイメージ。紹介されるのは製造業やBtoB企業が多い気がするな。

日経MJのMJはMarketing Journalの略。「日経流通新聞」が名前を変えてMJとなった。BtoC企業やサービス業が多い傾向。

日経金融新聞はその名の通り、金融業界に特化した内容。
目指す業界によって読み分けるといい。

今の旬ネタで言うならば、日経産業新聞では、
「2011 採用最前線 人事担当者インタビュー」として、
先週、3月16日はJTBの人事企画担当部長、17日は三井物産 執行役員人事総務部長、そして19日はJR東日本 人事担当部長のインタビュー記事を掲載
していたよ。

今、もしこのブログを読んでいるのが2年生であれば、日経MJは身近な商品や企業を扱うことが多いから、取っつきやすいんじゃないかな、と思う。

毎回買う必要もないし、毎日目を通す必要もないけれど、学校や図書館に行った際には、つらつら読んでみてはどうだろう。

********************************************************
今日のひとこと
日経の専門紙は、その業界への入門としては読みやすい。
学校や図書館で手に取ってみよう。

********************************************************
posted by Taka at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動のヒント

2010年03月22日

新聞を読もう! その3 夕刊フジVS日刊ゲンダイ

さて、「新聞を読もう!」第3弾は、オヤジ系新聞の登場(笑)。

タブロイド判夕刊を読むサラリーマン姿は、夜の通勤電車の一風景
その2大新聞が
「夕刊フジ」 Webサイトは、http://www.zakzak.co.jp/

「日刊ゲンダイ」 Webサイトは、http://gendai.net/

ま、正直なところ、いきなりここから入るのはどうかと思う部分が無いわけではないが、政治や経済に興味をもってもらう、という意味で捉えてね

内容は、世のサラリーマン諸氏が興味を持つネタのオンパレード。
政治からアダルトネタまで、幅広い。
硬軟取り混ぜているが、内容は意外と面白い。

というのは、政治・経済、さらに芸能ネタなども、ほとんどが辛辣な批評だから。

なので、いきなりこれらの記事を読むということは、「どんな事実か」よりも評論家の批判的な側面から入ってしまうので、オススメはしない。
が、「こんな見方もあるのか」という意味で、色々ある意見の一つと捉えてくれる分には面白いよ、という位置づけで紹介しておくね。

どちらも、「ここに載せても就活生読むかなぁ」と思いながらも、就活生向けの記事がたまに載ったりする。(どちらかというとゲンダイの方が多いかな)
こちらは僕が気づいたら、随時紹介していくからね。

********************************************************
今日のひとこと
夕刊フジや日刊ゲンダイも、社会に興味を持つ入り口の一つ!?
********************************************************
posted by Taka at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動のヒント

新聞を読もう! その2 スポーツ新聞の活用

先日のエントリーで、まずは新聞を読もう!と投げかけてみたけど、いきなりは難しいかな?

この前も、学生が面談に来てくれた時にこぼしていたのが、
「筆記試験での一般常識や時事問題…わからないっす」というもの。

「今まで、サボってたツケだよねー」というと、本人も思いっきり自覚があるだけに、うなだれてたよもうやだ〜(悲しい顔)

どんな問題だった?と訊いてみると、日頃ニュースを見聞きしていれば、全く難しくない問題だった。
例えば、
バンクーバーオリンピックの次の冬季五輪開催予定地は?
現在の与党は、民主党・社会党と何党? そして党首の名は?
近江商人が「商売の基本」として採り入れていた考え方は?
など。

ちょっと「三方良し」は難しいかなぁと思うけど、ソチや国民新党や亀井静香氏あたりは出てきて欲しいよね。

時事問題用のキーワード集みたいのがあるから、まずは一夜漬けで頑張れ!とは励ましたものの、日頃の習慣(というか蓄積)がものをいう。

時事問題&一般常識2011  朝日キーワード就職時事問題&一般常識2011 朝日キーワード就職
(2009/10/20)
朝日新聞出版 編

商品詳細を見る



で、できれば一般紙(朝日・読売・毎日・産経など)を読むことから始めてほしいけど、それでも難しく感じる場合、スポーツ新聞もアリだと思う。
もちろん、スポーツ新聞の場合、スポーツや芸能欄やエロ記事じゃなく、政治・経済欄を読んでね、ってこと。

一般紙と違って、1面〜2面程度しか紙面を割いていない分、今の話題が厳選して入っているよ。
ただし、その編集部の方針によって採り上げ方はバラバラなので、ゴシップ系の記事ではなく、事実の解説に終始している記事を中心に読んでね。

********************************************************
今日のひとこと
一般紙が難しければ、スポーツ新聞の政治・経済欄から慣れよう
********************************************************
posted by Taka at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動のヒント

2010年03月18日

新聞を読もう! その1

シューカツを強く意識して取り組んでいる学生のキミたちなら、日本経済新聞は購読しているかな?

僕が担当している学校の学生は…というと
話していてわかるのは、某国立トップ校での購読率は高そうだけど、中堅以下の大学では、理系も文系も日経以前に新聞すら読んでいない人がほとんど…

新聞を購読していないから、ダメとは言わない。
が、世の中に関心を持っていない学生が多いなぁ…と感じることはしょっちゅう。

確かに、今はPCでもケータイでもニュースは読める。
僕が新聞を(大学生のキミたちに)薦める理由は2つ。
1.活字に慣れる
2.偶然の出会いがある → 世の中に興味を持つ


1は他の手段で活字に慣れていればそれでいい。
2の「偶然の出会い」ってのは、僕が紙メディアの良いところって勝手に思っているのは、パラパラと紙面をめくるとそこには興味のある記事もあれば、全く知らない世界の記事も一緒に出てるから、斜め読みするだけでも、色々な情報が入ってくるよね、ってこと。わーい(嬉しい顔)

わからない単語、用語はもちろん辞書を引いて欲しいし、そこに出てきた会社名もググってみる。
そうすると、みるみる知識が増えていくグッド(上向き矢印)

あわせて今まで自分に縁の無かった世界に少しでも興味・関心を持ってくれるといいな、なんて思っている。ひらめき

もちろん、巨大メディアの一つである新聞は、記者・編集者・新聞社のフィルターを通ったもの。
鵜呑みにするのは危険かもがく〜(落胆した顔)
慣れてきたら、同じ話題をどう扱ってるか読み比べてみると面白いよ。

********************************************************
今日のひとこと
新聞は、自分の世界を広げる身近なツール。
就活時〜社会人歴が浅い内は、読むのを習慣にしよう。
********************************************************
posted by Taka at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社探しのヒント

2010年03月17日

新卒追加採用 ブログに「秘密の暗号」

今日の日経産業新聞 19面から
『新卒追加採用 ブログに「秘密の暗号」 サイバーエージェント ツイッターでも告知』
との見出し。

「インターネット関連サービス大手のサイバーエージェントは2011年春の新卒の追加採用で、ブログとミニブログ「ツイッター」を見た人だけが申し込める方法で募集を始めた。就職セミナーへ参加を申し込む際に、藤田晋社長が自身のブログで書いた「秘密の暗号」を求められる仕組み。」というリード文。

11年春に専門職30人、総合職80人の合計110人を採用する計画で、すでに内定を出し始めている、とのこと。これに加えての追加募集わーい(嬉しい顔)

サイバーエージェントに興味をもつ人なら当然チェックしていると思うけど、
藤田晋氏のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/shibuya/

ツイッターはこちら↓
http://twitter.com/susumu_fujita

ツイッターを読むと、早速ツイッター採用の成果が出ていることがわかるよ。中途採用だけどね。

********************************************************
今日のひとこと
IT業界志望なら、ツイッターは就活ツールとして必須かも。
********************************************************

トヨタ東北 新卒採用再開

今日の日経産業新聞 19面から。
『トヨタ東北、新卒採用再開 11年春の大卒技術者』との見出し。

「【仙台】トヨタ自動車東北は新卒採用を再開する方針を固めた。2011年春入社の大卒者を対象に生産技術や品質管理などのエンジニアを数人採る計画で、高卒者は生産状況を見極めて対応を検討する。」とのリード文。
09年春以来2年ぶりだそう。

このブログの読者は、私立文系を想定してるから理系の読者は少ないと思うけど、もし気になった人がいたら、ぜひチェックしてみてね。

今春卒業予定の大学生就業支援

今日の日経新聞朝刊 企業面2から

未内定の現4年生は必読exclamation×2

「パソナグループは16日、今春卒業予定の大学生の就業を支援する取り組みを始めた。無料研修を実施し、希望者をパソナの契約社員として雇用した上で、顧客企業に派遣する。」とのリード文。

日経ネットでの記事はこちら↓
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100316ATDD160CI16032010.html

もう卒業式は間近だろうけど、あきらめずに頑張ろうパンチexclamation

********************************************************
今日のひとこと
未内定の現4年生へ。
3月末日までは大学生。学生の内に出来るだけのことはやろう!
********************************************************

2010年03月14日

試練の有無

今、新幹線の中で、ツイッターを見ていたら、グロービス代表の堀さんの発言に目が留まった。

http://twitter.com/YoshitoHori/status/10409833672
http://twitter.com/YoshitoHori/status/10410021102

現3年生にとっては、「今ごろこんなこと言われても…」って話かもしれない。
まさに現在就活真っ只中にいるキミたちには、積極的に試練を得る時間なんか無い。
逆に「今の就活が試練だよ〜」なんてコトバが飛んできそうだ(笑)。

就活をやってみて初めて気づいていくかと思うけど、この堀さんの言うとおり、就活は今まで生きてきたことの集大成を評価される(恐らくほとんどの人にとっての)初めての場面。
もし、今まで何も夢中になったことがない、とか、何も真剣に取り組んでこなかった、となると非常に評価に困る。それでもそれなりに考えていることが見いだせればとかあればいいが、それも無いとキツイ。
…結果、評価できないから見送る、ということになる。

けど、だからといってあきらめるにはまだ早いexclamation
自分では気づいていないことがあるかもしれない。
今さらだけど、自己分析は自分一人じゃ出来ないってことに早めに気づいて欲しい。

さて、先の堀さんのコトバから僕が伝えたいのは、だからといってあきらめてほしくないっていうこと。

社会に出てから、積極的に試練を得よう。
キツイけど、もがくことで、そしてそれを乗り越えることで見えてくる世界がある。

>現在の2年生
今からでも遅くない。3年生の後期までに、あえて自分に試練を課してみよう。

********************************************************
今日のひとこと
自分に試練を課そう
********************************************************
posted by Taka at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動のヒント

2010年03月13日

就活webテスト「替え玉」横行

まさに今、説明会や筆記試験に追われているキミたちには気になるタイトルじゃないexclamation&question

この元の記事はJ-castニュースから
http://www.j-cast.com/2010/03/11061871.html

この話、僕にとっても気になるところ。
今年に入って何人の学生から愚痴られたか…
「周りでWebテスト替え玉受験してる人がいる。ズルイむかっ(怒り)」って。

それに対する僕の回答はこう。
「替え玉してもらいたきゃすれば?けどさ、それで落ちようが、不審がられようが、自分でケツ拭く覚悟があればいいんじゃない?」

「わかってると思うけど、その結果ってずっとついてまわるんだよ。もし入社したとしたら人事のファイルには採用時の記録もそのままファイルされるからね。」

「学力は他人にやってもらうと有利に働く場面があるかもしれないけど、性格検査はどうするの?学力パスしてても、性格検査で向いてないって判断されたらシャレにならないよね?」


逆の観点から言おうか。

いつの世も、悪知恵が働くヤツは必ずいる。
まずは、そういったことを考えられるアタマの回転もあるヤツってのは、良いか悪いかは別として、世の中を渡っていくのに求められる部分もある。
世の中キレイゴトばかりじゃないからね。

こう表現すると伝わるかな。
相手が課してくる課題に対して、どうやったらそれをすり抜けられるかを考えられるアタマを持っていることは、企業で生き残っていくにも必要なんだよ。

とはいえ、僕は替え玉受験は薦めない。
この記事で新田さんがコメントしているように一貫性が保証できないでしょ?
ウソをつくのと同じで、自分で最後まで通せる自信があればやればいい。
それだけのこと。

********************************************************
今日のひとこと
替え玉してもらいたきゃすれば?自分でケツ拭く覚悟があればね。
********************************************************
====================================================
職場の活性化や、キャリア支援について綴る別ブログ
職場力向上を支援する 戸山 孝の“諸行即修業”
http://shokubaryoku.blog56.fc2.com/

このさきネット 〜 自分と相性の合う会社をみつけよう
http://www.konosaki.net/
(現在構築中)
====================================================
posted by Taka at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動のヒント

2010年03月12日

味の素が初の首位 就職企業人気ランキング

キミたちが気になる就職企業人気ランキングが、一昨日これもキミたちが日頃マイナビでお世話になっている、毎日コミュニケーションズから発表されたね。

日経ネットでの記事は↓
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100311ATDD100B910032010.htmlソースである、毎日コミュニケーションズのプレスリリース記事はこちら↓
http://www.mycom.co.jp/news/2010/03/2011_2.html

以前も記したように、人気ランキングは所詮“現時点での人気”ランキング。

参考:
2010/2/2のエントリー「人気企業ランキング」
2010/3/3のエントリー「働きがいのある会社」


ランキングを参考にするもよし、まったく気にしないのもよし

僕としては就職人気企業ランキングは、あくまで就職を意識した学生がどんな企業を注目しているのかというのと、今年はここが採用に力を入れているのかっていうのがわかる程度のモノ。

人気企業ランキングはぜひ10年前、20年前と比べてみて欲しいね
だって、キミたちはこれから10年単位で就職先とお付き合いしていくわけだからさ

********************************************************
今日のひとこと
人気ランキングは所詮“現時点での人気”ランキング
********************************************************
posted by Taka at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社探しのヒント

2010年03月10日

三菱商事 一般職の採用を再開

今日の日経新聞朝刊 企業面2から

『三菱商事 一般職の採用を再開 来春、17年ぶり 業務ノウハウ蓄積』
との見出し

日経ネットの要約記事はこちら↓
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100309ATDD0907B09032010.html

すごいね。17年ぶりだって。

一般職を希望する人には朗報だね。
僕が関わっているある大学では、一般職を希望する女子が多い。
ぜひ受ける候補の一つに検討してみたらどうだろうexclamation

面接体験講座 裏話

一緒に体験講座を担当したIT企業の人事担当役員と雑談したときに彼が漏らしていた、今の就活生に対する不満を伝えておくね。

逆に言えば、以下に挙げるようなことをしない、ってことが企業の選考に残る最低条件だから。

不満その1: 元気(覇気)がない
→ 21〜22歳のキミたちに期待するのは若さ。若いキミたちに覇気が無くてどうする。
(戸山コメント: 僕も同感。動作にキレがない人も多い。ハキハキ、笑顔で元気に、堂々と!)

不満その2: 会社の受付でモジモジするな
→ 受付に人がいる企業では、受付の方が話しかけてくるまで待つな。自分から話しかけろ。
→ 受付が内線電話やベルの場合、パーティションで区切られたその場でモタモタするな。パーティションの向こうの様子を伺うんじゃなくて、さっさと内線に電話するなり、ベルを押すなりしなさい。
(戸山コメント: 受付、いや訪問した企業の敷地に入るところからもうチェックは入っていると思った方がいい。堂々と振る舞おう!)

不満その3: 挨拶くらいちゃんとしようexclamation
(戸山コメント: そりゃそうだ。ハッキリ元気よく、「おはようございます」「こんにちは」くらいは言えるようになろう)

不満その4: 説明会に来たなら、質問くらいしようひらめき
→ 説明会の1時間なり2時間、ただ会社資料を読んでるだけで終わってる人が多い。
→ その後、連絡が来ないからと言って文句を言うな。ただ座ってボーッと資料を読んでいる人なんか、企業は欲しいと思わない。説明会の態度、見られてることをわかっていない。最初の選考はもう始まっているんだから。
(戸山コメント: 説明会の規模にもよるけど、説明会での態度も見られてることを忘れないように。少なくとも受ける気があるんだったら、相手企業に対して質問あるよね? これから長〜いお付き合いをする相手だよ。 興味のある異性に訊いてみたいことが無い人なんていないよね?)

不満その5: 面接でちょっとキツイこと面接官に言われたくらいで、みん就や2chでヘンなウワサ流すなexclamation
(戸山コメント: これはこの前の面接体験講座でも受講生に言ったんだけど、ちょっと深掘りするようなツッコミを入れると、「圧迫だ」なんて言われてしまう(苦笑)。圧迫面接はそんなもんじゃありません。ホントに恐い人演じて圧迫かけます。)

不満その6: 最低限のことは調べてこようexclamation
→ ホームページに書いてあることくらいはざっとアタマに入れてこよう。事前に公開されてる情報あるのに読んでこないってことは本気じゃないってバレバレだよね。相手にとっても失礼。
(戸山コメント: 例えばこれからインタビューしに行く相手のプロフィール読んでこないとのと同じだよ)

総合すると、
キミたちはお客様じゃないんだよ、ってこと
今まで、どんな場所に行っても、「いらっしゃいませ〜。ご注文は?」って相手から声をかけてくれたかもしれないけど、
就活じゃ、こちらから積極的にアプローチしなきゃ話にならない。
もちろん企業は、将来一緒に働くかもしれないキミたちのことを大切に扱おうとする。
けど、その大切さは、お客様としての大切さとは違う。
喩えるならば、
志望企業という舞台で「働く」というオーディションで勝ち進まなきゃいけない、ってこと。
舞台監督は、役者を大事にする。良い演技が出来るようになるために厳しいことも沢山言う。
よほど惚れ込んだ俳優じゃない限り、監督から声をかけることはしない。ましてや新人の発掘で、オーディションに集まった人ならともかく、誰それ構わず声をかけることはしないってこと。
そして、気に入ったとしても、良い舞台を作るためには甘やかさないってこと。

********************************************************
今日のひとこと
企業訪問や面接の際は、下調べをして、明るく、笑顔で元気に、堂々と!********************************************************
posted by Taka at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接対策

面接体験講座

少々前の話になるが、とある郊外にある大学で僕は面接体験講座を受け持った。

某IT企業の人事担当役員の方と僕とで、それぞれ10名づつ受け持ち、一人あたり20分の練習。

この大学はすごいよ。
だって、就職を希望する学生のほとんどに対して、最低1回の面接体験をさせようと企画したんだから。
やり方は半ば強引。

進路(就職か進学かなど)の調査を学部毎に紙で取り、提出させるときに、面接練習の日程をその場で決めちゃう。

その分、普段常駐しているキャリアカウンセラーが担当するキャリアカウンセリングの仕事は9割方ストップ。

僕がその日に会った学生10名は、みんな面接自体初めての人ばかり。
体験もしたこと無いって人ばかりだった。
だから、初めて他人に自分のことを語ってみることで、いかに話せないかがわかったみたい。
これは良い経験だよ。
みんなに伝えたけど、今日は恥かきにきたようなもの。
ホームでの練習試合なんだから、失敗してOK!
ここから出来るようになればいいんだよ。
だから心配なんてすることはない。

けど、自己分析が進んでない人については別。
早急に、進めていかないと、もう間に合わなくなっちゃうよ。

繰り返しだけど、
自己分析は一人でやるには限界がある。
ワークシートをやるのも大事。
考えるのも大事。
だけど、周りの複数の人に壁打ちの相手になってもらうことはもっと大事。
周りの人のアタマや力を借りよう。

********************************************************
今日のひとこと
ホームグラウンド(大学)で面接の練習を積んでおこう。
そしてアウェイ(企業)での試合では勝ちに行こう!
********************************************************
posted by Taka at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接対策

2010年03月08日

ツイッター、新卒呼び込む

夜のエントリーとなってしまったけど、今日の日経新聞朝刊 働く面から

以前、このブログでも2回採り上げたECナビのツイッターでの採用活動、また日経新聞朝刊で採り上げられてたね。
「追跡 この改革」という特集の中で
『ECナビ ベンチャー「脱・採用難」 ツイッター、新卒呼び込む』の見出し

それにしてもすごいなー、一体広告費に換算するといくらの効果なんだろう。
…ってことをキミたちも考えてみて(笑)。
冗談っぽく書いているけど、これだけ記事に何度も取り上げられることは本当にたいしたものだ。
だって日経新聞朝刊(全国版)の紙面の1/4弱のスペースだよ。
これだけの広告打とうとしたら数百万が本来かかるはず。
(→こういうことを考えるクセをつけよう)
それをタダで、それも好意的な記事で取り上げられているのだから、本当にスゴイ。

内容は、「追跡 この改革」というだけあって、ツイッターでの新卒採用がどのような経緯で進んでいるかということ。

結論から言うと順調のようだ。

ECナビの宇佐見社長、さすが起業家ならではの発言だな、と思えるのが、
定員に達した「社内見学ツアー」にて、
「まだ参加できますか」とツイッターで尋ねた女子学生に対して
「門戸は自らこじ開けろ」と返したあたり。
これで、この学生は「熱い会社だ」と感激し、迷わず参加を申し込んだ。
という展開に、僕はベンチャーでの採用らしい風景だとつくづく思う。

また、社内見学ツアー最中もツイッター利用を許可することで、学生がどんどんツイッター上に発言し実況中継させることで、さらにECナビの魅力が高まっていくというあたりは、ツイッターの力をわかっているからこその活用法
実況中継させるってことは、自信の裏返しでもある。

ここまでやれば、口コミでどんどん伝播する。
ECナビが欲しいと思う人材に届くのはわけないことだ。
このセンスに、つくづく感心しました。

果たしてこの手法、他の企業も採り入れるか?
僕は採り入れると思う。ただ、いきなり大企業はやらないでしょう。
同じようなネット系ベンチャーでは充分あり得るはず。
ただし、今年度は二番煎じになるからそのまま真似する人はいないと思うけど。

宇佐見社長が語っている、ツイッター採用に踏み切った背景には、
採用活動で大企業に比べ不利な立場におかれている
「ベンチャー企業の現状を何とか打開したい」
という思いがある、とのこと。

そりゃそうでしょう。
学生のキミたちにはなかなか見えないところだと思うけど、○○ナビのカラクリを知ったらビックリするよ。

昨日紹介した

就活のバカヤロー (光文社新書)就活のバカヤロー (光文社新書)
(2008/11/14)
大沢 仁石渡 嶺司

商品詳細を見る


にそこら辺が解説されているから、気分転換にぜひ読んでみて。

そういえば、ツイッター、
僕もアカウントは取ったけど、まだ何もつぶやいていない。
そろそろ、つぶやいてみますかね(笑)。